トップページ > アイネットサービスのブログ > 茨城県竜ケ崎市でリフォーム和室京塗壁をクロス京壁柄に変更>既存の塗京壁に下地材を張ってクロス仕上げ

茨城県竜ケ崎市でリフォーム和室京塗壁をクロス京壁柄に変更>既存の塗京壁に下地材を張ってクロス仕上げ


P1150115P1150116P1150117

床の間の寸法(サイズ)奥行1.5尺×幅6尺と少し小目に造らていました奥行き感を出すため

少し明るい柄の京壁クロスが室内全体を重くせず奥行き感も保たれる為この柄で決定して頂きました

P1150118P1150119P1150120

そのとなりは地袋付きの出窓サッシがあって引き違いの襖がついているので襖の柄にも同時に

京壁クロスの柄に合わせ者を選択しました最近特にシンプルな襖柄が人気なのでそれも

踏まえて選ばせてい頂きました後日張り終わった後お客様に大変喜びのお声を頂戴できました

その他の記事はいかがですか?

ご注意

ページのTOPへ