トップページ > アイネットサービスのブログ > 築25年木造1階玄関ホール天井からの雨漏り現因調査下屋根コロニアル葺きコロニアル劣化と下がり棟施工不良>補修方法ガルバ鋼板のカバーリング工事

築25年木造1階玄関ホール天井からの雨漏り現因調査下屋根コロニアル葺きコロニアル劣化と下がり棟施工不良>補修方法ガルバ鋼板のカバーリング工事


P1110019P1110020P1110021

既存下屋根のコロン二アル(カラーベスト)を現状取り付いているコロニアル葺きそのままの

状態で新しくチェンジするガルバ鋼板の下地工事が始まりましたこの下地工事は新規に

P1110060P1110024P1110065

変わるガルバ鋼板の下地なので屋根工勾配3寸で軽量材既存屋根垂木をそのまま

利用可能なので剥がしたり解体撤去も無く手間と廃材処分も掛からず費用が抑えられる

利点がありカバーリング工法は客様には大変喜ばれる工法と言えます

P1110059P1110064P1110061

完成できた様子ですがコロニアル葺きと違って大変すっきりと落ち着いた屋根に変わった事が見て

判ると思いますしかも雨漏り率も格段に下がり安心も大です

ご注意

ページのTOPへ