トップページ > アイネットサービスのブログ > 今回の地震により大きく破損した擁壁の復旧工事

今回の地震により大きく破損した擁壁の復旧工事


擁壁高2700㎜の上に2階建てアパートが建っている現場状況です。

この状況で、擁壁を最大限壊さずに復旧を行う工事がこれから進で行きます。

上の方に見えるのが、2階建てのアパートです。

自重圧が地盤にかなり抵抗として掛っていると思われます。

全体の破損状況です出隅のケンチ石が殆ど破壊されています。

部分的に破壊された箇所をの状況です。

破損した箇所を角度や方向を変えて近くで確認をすると

地震による縦に上下した振動と横に振れる左右の動きにより

裏込めの生コンを破壊してしまった事による破損だと考えられ

るので、耐震考えた復旧工事をこれから始めて参ります。

次回はその復旧工事の様子をご紹介してまいりますね

ご注意

ページのTOPへ