トップページ > アイネットサービスのブログ > オーダーメイドのログハウスその続き

オーダーメイドのログハウスその続き


いよいよ荒床(床組み)も完了して、四方柱にホワイトウッド

の壁板をはめ込む(ビスや釘を使わずに)溝彫を板一本づつに

施して(加工して)組み込んで行く本当の手作業で結構

手間暇が掛る箇所と言えます。そして寸法を間違えてしまうと

真っ直ぐに組み込み出来ずに、曲がった形で立ち上がって仕舞うので

最後に四方向が合わ無くなって、失敗する訳です。ですからこの部分は

結構細かい作業と腕が(技術)要求されると言って良いと思います。

それでは、ご覧ください綺麗に組み上がっていますよ。

次回は、屋根工事をご紹介致します。surpriseお・た・の・し・み・に!!

ご注意

ページのTOPへ